男性用サプリメント

シトルリンは1930年に日本でスイカから発見された物質で

カラハリ砂漠の野生のスイカに多く含まれています

アミノ酸は通常のものは血管、内臓、皮膚、筋肉などにタンパク質として体内にありますが

個別の状態のアミノ酸を遊離アミノ酸と呼び

人体を巡りながら必要な時にはすぐ働けるアミノ酸になります

シトルリンは成長ホルモンの分泌を活発にさせ筋力を強化することができ

血流を改善する働きや成長ホルモンの分泌を活発にさせるので相乗効果が期待できます

一酸化窒素(NO)の生産を促し血管を拡張させる効果を持ちます

一酸化窒素(NO)は血管の筋肉の1つ平滑筋、血管、気管、腸管、膀胱、子宮を

弛緩させる働きがあり動脈を拡張させ血流を良くする働きがあります

ニトログリセリンが心疾患の激しい痛みを軽減することは知られていましたが

ノーベルの工場で働く労働者は心疾患の患者はほとんどおらず

なぜニトログリセリンがに効果があるのかは分からないままでした

1977年フェリッド、ムラド博士はニトログリセリンその他の化合物が

血管を拡張させたり弛緩させたりする一酸化窒素を放出することが発見されました

一酸化窒素は無機化合物の一種で大気汚染物質でもある窒素化合物の1つになります

1986年ロバートファーチゴット博士とルイス、イグナロ博士が

一酸化窒素(NO)が体内の信号伝達役として働いているのを発見しました

一酸化窒素(NO)はその他の信号伝達分子と異なり非常に不安定です

一酸化窒素(NO)は信号伝達分子の役割のほか感染や腫瘍細胞に対抗したり

血圧を安定させる臓器への血流量を調整する役割があります

一酸化窒素(NO)はほとんどの生き物の体内に存在しており

神経細胞や脳細胞を始め様々な細胞により作られています

心臓、動脈硬化になると動脈の内皮細胞は動脈を拡張させる働きをする

一酸化窒素(NO)を作りだす能力のほとんどを失います

一酸化窒素(NO)は血管を弛緩させ広がるように指示して血圧を抑える役割をしています

血管を弛緩拡張させ血液の流れがスムーズになりペニスの勃起を促します

バイアグラは一酸化窒素の効果を上げるように作られています

バイアグラはルイス、イグナロ博士が狭心症の薬の開発の過程で偶然発見され

ルイス、イグナロ博士の研究をもとに製品化されたものです

男性は当然知っていると思われますがチンチンは血液が集まり硬く熱くなります

一酸化窒素(NO)は全身の血液の流れをスムーズにするのですが

30歳を過ぎると一酸化窒素(NO)を作る能力が低下するので

チンチンの血行も悪くなり勃起力も弱くなるので食事やサプリメントで補う必要があります