マカ効能

マカにはアルカロイド、サポニン、テルペノイド、デキストリン、アントシアニン、ステロイド
タンパク質、ビタミン、カルシウム、ヨード、亜鉛、アスパラギン、ビタミンE、鉄、銅
各種ミネラルやビタミンB郡や必須アミノ酸が含まれています

生理不順、性欲増強、冷え性改善、不妊症、老化防止、疲労回復、貧血、うつ症状の緩和

マカには妊娠に必要なアミノ酸とリジン、アルギニンが豊富に含まれています
ホルモンや生殖器官の働きが活発になり妊娠を促す効果があります

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあります
若返りホルモンとも呼ばれ肌のシワやたるみを抑えるメラニン生成をを抑制する
皮膚の新陳代謝を活発にするなどの美肌効果があります

女性ホルモンの働きが活発になり卵子の成長が正常になり
排卵障害や月経不順が改善されます

男性では精子を作る機能が盛んになり滋養強壮作用があります

ホルモンの障害が改善されエストロゲンの分泌を促す作用があり更年期障害の症状による
発汗、肩こり、頭痛、ほてり、のぼせ、腰痛などの症状の改善につながります

漢方薬で不妊症の治療に使われるのは女性では桂枝茯苓丸、当帰芍薬
男性では八味地黄丸などが使用されます

インカ帝国の時代から、滋養強壮に効く天然生薬として重宝されていました。
貴族などの特権階級の食べ物で恩賞としてしようされたといわれます

現地ではアンデスの女王とも呼ばれ豊富な栄養素は珍重されています

ペルー原産のマカは11種類があります
その中でもマカモラーダが薬効が優れておりペルーでも珍重されています

マカの根の色には白、黄色、ピンク、紫、黒の5種類があります
紫の濃い色のものをマカモラーダと呼んでペルーでは珍重されています

色が濃いものはポリフェノールやミネラルやフラボノイドを多く含みます

リジンはアミノ酸の母と呼ばれ女性が妊娠する受胎能力を整える働きがあります。

アルギニンはアミノ酸の父と呼ばれ生殖細胞の80㌫を構成して
成長ホルモンに働きかけ女性の若返りを促進する働きなどがあります

9種類の必須アミノ酸は人体で作ることが出来ないので食べ物から補給する必要があり
筋肉や内臓、髪の毛、皮膚など体を作る材料になります

また角層の水分は天然保湿成分(NMF)によって潤いが保たれています
不足すると乾燥肌など肌のトラブルの原因になります
シワや弛みを防止してお肌のハリを生み出すコラーゲンは、アミノ酸が集まって出来ています

髪の毛のキューティクルの保湿成分もアミノ酸の働きによるもので
アミノ酸が不足すると髪の毛の潤いがなくなり髪の毛のゴワツキなど傷みの原因になります

アルギニンとリジンをたくさん摂取すると男女ともに生殖器官の働きが活発になり
精子と卵子が受精しやすい環境が作られます

天然のバイアグラ

マカは天然のバイアグラといわれ滋養強壮に優れています

マカ研究の第一人者、グロリア・チャコン博士の実験では家畜用の羊に

交配までの15日間マカを与えるグループと与えないグループに分けて実験しましたが
マカを食べたグループの羊は発情がよく100%の割合で流産も少なく正常出産する羊が多く
マカを食べなかったグループの羊は受胎率74㌫と低く流産や異常出産多く発生したと報告されています

マカは米国のNASAが宇宙飛行士が体力や生理機能維持の食料として使用しています

マカは米国でも大ブームになりペルーのマカ研究の第一人者グローリア・チャコン博士により

ペルーが最も誇りをもって勧める4つの植物といわれる

マカ、キヌア、キャッツクロー、カムカムなどと共に紹介されています。

リウマチや関節痛に優れた効果があるキャッツクロー、世界一のビタミンCが含まれるカムカム