勃起不全の検査

精子の通過障害の治療

精子そのものは正常なのに精管に異常があり通過障害をおこしている

不妊治療は通常手術療法が行われ術後の妊娠率は15パーセントです

高い数字ではありませんが手術は早いほど効果も高くなり

検査の結果わずかでも精巣に造精能力があることがわかった場合は手術が有効な治療になります

精管の手術は障害のある部分を切除して精管をつなぎ直すだけなので開腹はありません

高度な技術と経験を必要として3人に1人は精管の機能が回復します

また尿道下裂や尿道狭窄、尿道閉塞などの尿道の異常は手術で治すことができます

インポの検査

インポテンツは陰茎が勃起しないためにセックスができない性交障害です

インポテンツには外傷や手術により勃起に関連した神経や血管などに障害があるためにおこる

器質的インポテンツと勃起をする機能は正常ですがストレスなどの

精神的な原因により勃起できなくなる機能性インポテンツの2つに分けることができます

インポテンツの治療にはまず勃起の状態を検査します

夜間勃起現象の記録試験

正常な勃起能力をもつ男性は1晩寝ている間に無意識に3回から6回の勃起があります

この現象を利用して検査を行います

器質的インポテンツの場合は勃起の回数、陰茎周囲の増長度、陰茎硬度が低下するので

器質的インポテンツ機能性インポテンツを見分けることができます

スタンプテスト

就寝時に陰茎周囲に切手を巻き翌朝切手がミシン目の部分で切れているかどうかで勃起の判定をします

エレクシオーター

陰茎周囲にバンドを装着して目盛りの移動により陰茎周囲の長さの増大を記録して勃起の状態を調べます

スナップゲージ

就寝時に強度の違う3本のテープを陰茎周囲に巻き翌朝何本切れているか見て勃起を調べます